何でも釣れる?筏や防波堤で鯛ラバを使えば鯛は釣れるのか?

 

みなさん鯛ラバは使ってますか?鯛ラバっていうのはこんな感じの釣り具で、使ったことのない方でも釣具屋などで見たことくらいはあると思います。

簡単に言うとオモリにアシストフックとスカートがついたような形状で、メーカーさんによってもかなりいろいろな種類が出ています。

海釣りの中でも鯛ラバを使う釣りとしては、船での釣りが一般的となります。

釣り具というより、元々は漁師さんが使われる漁具といった位置づけにあったアイテムですので、オカッパリの釣り師にはあまり縁がないのかもしれません。

 
 
 
View this post on Instagram

ちゃみちゃみさん(@tyamin_tyamin)がシェアした投稿

でもこのタイラバって魚種を問わずめっちゃ釣れるんですよ!

 

そもそも鯛ラバ自体深場を攻めていく場面での使用が多い釣り具ですから、筏釣りで使えるかと言ったらそのポイントにどれだけ水深があるか、どれだけ潮が動いているかという点が重要になります。

スポンサードリンク

爆釣アイテム・タイラバとの出会い

僕自身初めて鯛ラバを使ったのは、15年ほど前レンタルボートでジギングをしていた時に友人が

「そういえばこの前「鯛ラバ」っていうの買ってんけど、使ったことある?」

とパッケージに入ったままのタイラバを渡してきました。

これが鯛ラバとの出会いです。

当時のタイラバはこのような長いオモリのタイプのタイラバが主流だったように思います。

タイラバ自体はもちろん知ってましたが、自分の釣りがオカッパリメインということもあり使ったことはありませんでした。

「使ったことないけど、見た目かっこいいしなんかよさげやなあ」

といっぺん試してみようという事になり、ジグを一旦やめてタイラバを落としてみることにしました。

使い方もよくわかってなかったので、パッケージ裏に書いてある底まで落としてチョンチョンと軽くアクションし、あとは一定のリズムでただ巻きの繰り返しというものです。

それまでメタルジグを投げまくっても全然反応が無かったのに、鯛ラバに変えたとたんにアタリまくったんで

「これヤバい奴ちゃう?」

と言ったのを今でも覚えています。

それこそ落としてチョンチョンし、一定にリズムでただ巻きするだけでした。

ガシラ(カサゴ)やアコウ(キジハタ)といった根魚を中心に鯛ももちろん釣れて久々の大爆釣になり、僕の中でタイラバが神アイテムになった日でもありますね。

スポンサードリンク

ショア(防波堤・地磯・サーフ・筏)でタイラバを使えば鯛は釣れるのか?

はい!釣れます!以上です!というだけではいけませんね(笑)

実はこのショア(防波堤やサーフ、地磯・筏)などでタイラバを使って釣る釣法をショアラバという言い方もしたりします。

ショアラバは今タイラバの主流になりつつありますので、今からぜひマスターしていきましょう。

ショアラバ自体船の上から釣るのとではやり方や、若干タックルも変わってきますが普通にというかホントによく釣れます。

 
 
 
View this post on Instagram

岡川晃二さん(@koji_okagawa)がシェアした投稿

ただ注意していただきたいのが、もし筏で釣りをされる場合にはルアー自体が禁止のところもあるという事を知っておいてほしいのです。

ルアーの中にはもちろんエギも含まれますので、タイラバだけじゃなくエギングやジギングがダメな場所もありますから、筏を予約される際に確認してくださいね。

本題のショアで鯛をタイラバで釣るという事ですが、船釣りで使うタイラバではなく


デュエル(DUEL) ルアー ソルティー・ラバーキャスト 5g CHP

キャスティングタイラバというものになります。

こちらのタイラバ、普通のものはベイトリールでゆっくりと底まで落としていくのですが、キャスティングしてゆっくりと巻いていくというだけのもので、実は普通のタイラバでの釣りに比べて少しアクティブな釣りで釣果も期待できます。

 

http://xn--nbk674ph3w.jp/%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%90/

幅広いポイントを攻めていけるので、潮の流れがあまりない場合なんかでも効果的にターゲットに対しアプローチできますので是非取り入れてほしいものです。

ヒロセマンのショアラバでロックフィッシュゲーム!(ルアー合衆国PLUS/2018年7月14日放送)

 

釣り場の水深とタイラバのオモリの重さはどう選ぶのか

 

水深とタイラバのオモリの重さは結構重要かもしれませんので、大体の目安として少し書いておきます。

ポイントの水深が20m以内の浅場であれば軽めの5~30gのものでまずは探りを入れます。


デュエル(DUEL) ルアー ソルティー・ラバーキャスト 5g CHP

ただ水深が浅いからと言って絶対に軽いものがいいとは限りません

ある程度の浅場でも鯛ラバを一気に落としてタイなどのターゲットに対して、アピールすることで喰いがいい場合もありますので臨機応変に行きましょう。

そして水深20m~40mなら30~60gと少し重めのもので攻めていき、40mより深い水深を攻めていく場合は60g~120gといった感じで調整していくのがいいでしょう。

どちらにしても、投げてただ巻くだけで高級魚が釣れる釣りになりますので、やらないと勿体ないレベルの釣りですね。

 

 

スポンサードリンク